2012年05月29日

天王祭と牛頭天王 <名古屋市東区のお祭り>

6月2日(土)、3日(日)
と名古屋東区出来町・筒井町で天王祭が開催されます。

天王祭とはなんぞや〜(・・?)という方のために♪

疫病の神『牛頭天王(ごずてんのう)』を祭り、
疫病流行のきざしや農作物に被害が出やすい初夏に、これらを払いのける
ことを祈願するお祭りです。

牛頭天王は京都祇園社(現:八坂神社)の祭神で祇園信仰の神様でもあり
日本の神仏習合によってスサノオと結びつき広まっていきました。

もともとは疫病を流行させる神である牛頭天王
どうして、疫病防止の神として祭られたのかといいますと…
疫病をひろめる霊力が高いゆえに、逆に丁重に祀ることで災厄をまぬがれてしまおう!
という発想です (*´ー`)

学問の神様である菅原道真も、大宰府に島流しにあい、その死後に各地で天変地異が
多発したことから祟神(たたりがみ)になりました。
そこで祀りあげて祟りをおさめつつも、だんだんと信仰をあつめていくことになります。

このように人に害をなす神や魂が、転じて人に幸を呼ぶ神様になる
日本の神様って面白いものですよね〜(゚∇^*)

さてさて、話が少々ズレてしまいましたが、天王祭をより楽しむためにも
面白い豆知識だったのではないでしょうか。

当日は様々な山車(だし)が町をねりあるきます!

そして6月3日の日曜日にはそのすべての山車が徳川園へと集合します。
皆様もぜひ行ってみてはいかがでしょう♪
posted by ダイヤブログ管理人 at 10:26| Comment(0) | 情報発信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。