2013年08月07日

神話の国<出雲>

島根県にある出雲大社に行ってきました。
正式には「いずもおおやしろ」と読みますが、一般には「いずもたいしゃ」と呼ばれています。

神話の国と呼ばれるこの出雲。
ささっと紹介するにはとてももったいないほどのお話があります。
今回はゆっくりと出雲大社の成り立ちや、出雲に関係する物語を
まじえて紹介していきたいと思います。

出雲大社01

ここ出雲大社の祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)です。
因幡の白兎の主人公といえば皆さん記憶にありますでしょうか。
この話は古事記に書かれている神話です。
簡単にお話を紹介します。


大国主命には八十神(やそがみ)というたくさんの兄弟がいました。

兄弟と共に大国主命は因幡の国に八上姫(やがみひめ)という美しい姫を求めて旅をします。

大国主命に荷物もちをさせて、八十神はどんどんと先へと向かいます。

因幡国の気多崎(けたのさき)までいくと毛をむしられた兎がうずくまっていました。

この兎、因幡国に渡ろうとした隠岐島の兎で、サメを騙してその背中の上をピョンピョンピョン

最後の最後に口がすべって嘘がばれ、仕返しをされてしまったのでした。

この兎をみた八十神は「海水を浴び、それから高い山で乾かしな」と騙します。

痛みがどんどんひどくなった兎はますます嘆き悲しみます。

するとこんどは遅れてやってきた大国主命と出会います。

大国主命は兎に「真水で体をよく洗い、蒲の穂の粉を敷いて、その上に寝ころんでいなさい」

と適切な治療法を教えてあげました。

するとあら不思議、兎の体は元通りになりました。

よろこんだ兎は大国主命に「八上姫はきっとあなたと結婚なさるでしょう」と予言しました。



大国主命は多くの妻をもちますが
この八上姫大国主命の最初の奥さんとなります。

ここまでが因幡の白兎のお話です。
次回はこの話のつづきの物語をしようと思います。
posted by ダイヤブログ管理人 at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。