2013年08月12日

神話の国<出雲>その3

出雲大社のご利益は『縁むすび』です。
男女の縁だけでなく、人と人との良縁を結びます。
ただ良縁でない場合、逆に縁を断ち切る?なんて話も聞いたことがあります。
さてはて効果はいかほどに・・


出雲しめ縄

スサノオの放った炎から脱出した大国主命
無事、拾ってきた矢を渡すことができました

スサノオ大国主命を家に招きいれます。
そこでまた大国主命に「頭にいるノミをとってくれ」と命令しました。
大国主命スサノオの頭のノミをとろうとすると、なんとそこにいたのはたくさんのムカデ。
うかつに手を出せば毒にやられてしまいます。
するとスセリビメが椋(むく)の実と赤土を持ってきて言います。
「これを一緒に噛み砕いて吐き出してください、ムカデを噛んだように見えます」
助言どおりにする大国主命
すっかり騙されたスサノオはわざわざ噛み砕いてとっているとはかわいいやつだと
気を許し、眠りの中に身を落とします。

逃げるなら今しかないと思った大国主命スサノオの髪の毛を柱に結びつけ、
大きな石で部屋の入り口を塞ぎます。
スサノオの大刀と弓矢、そしてスセリビメを背負って逃げ出そうとします。
逃げる途中、スセリビメの琴が木に触れて音が鳴り響きます。
その音で目を覚ましたスサノオが追いかけようとすると
髪が柱に結ばれていて解くのに四苦八苦。
スサノオはあの世と現世の境:黄泉比良坂(よもつひらさか)まで二人を追いかけましたがとうとう諦めたのか
「お前が持っている大刀と弓矢で従わない八十神を追い払い、大国主となって、スセリビメ
 妻とし、立派な宮殿を建てて住め。」と言い引き返していったのでした。

いままではわかりやすいように大国主の名を「大国主命」と統一してきましたが、
実際にはここではじめて大国主を名乗ることになります。
posted by ダイヤブログ管理人 at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。